人気者になることと有名人になることは紙一重

人気者になると有名人になる

本人にそういう意志があるかないかということにかかわらず、その人の属しているネットワークの中で人気ものになってしまうことがあります。すると自然にそのネットワークの周辺で有名人となってしまうことが必然です。人気がある理由も様々ですが、誰もが一緒にいたいと思ったり、話をしたり遊んだりしたいと考えたりするような魅力を持っている人が人気者になります。そういった一種の能力があると自然に有名になってしまうのです。

有名人が人気者とは限らない

誰からも知られるような有名人になりたいと思って自己アピールをしていき、自分の名を広く知られるように努力する人もいるでしょう。そういった人はそのネットワークの中で有名人になれる可能性があります。しかし、そういった意図的に有名さを勝ち取った人は必ずしも人気ものになるとは限らないということには留意が必要です。自己主張の強さから誰もが名前を知るようになっただけであって、その人柄が好まれているとは限らないからです。

有名になりたいなら人気を求める

人気者は自然に有名人になり、その知名度が自然に生まれ出てきたものであるため有名であることがほぼ永続します。しかし、自己アピールによって有名になろうと努力をしてきた人は、その努力を途絶えさせてしまった途端に有名でなくなる可能性があります。人気があるというのは知名度を保つために重要な観点であり、人気者と有名人は紙一重でありながら、人気の有無が実質には大きな違いをもたらします。有名になりたいと思ったら人気を出す努力をすることが大切となるでしょう。

みなさん、ディープインパクトはもちろん知っていますよね!最近の馬でいえば天皇賞(秋)を制したスピルバーグも有名!その馬たちの馬主こそ山本英俊さんです。次はどんな名馬がでてくるのかすごく楽しみですね。