知っておきたい!うつ病のための治療法について

薬を使ったうつ病の治療法

うつ病は、その他の病気と同様に、投薬による治療法によって体の中で起きている正常でない働きを改善していくことが必要です。精神科で使用する薬というと、抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、現在ではうつ病の治療薬として「抗うつ薬」と呼ばれる薬の種類が有効だと考えられます。脳内情報伝達物質がバランスを崩すことがうつ症状を引き起こす一因とされていますが、抗うつ薬はこうしたバランスの乱れを調整してくれる作用があります。

うつ病を治療するには十分に休養することが大切

薬を使用することと平行する形で、うつ病を治していくためには休養をしっかりとることも大事です。特に責任感が強い方は、会社を休むことや家事を休むことを悪いことであると思ってしまい、休むことに対して抵抗を抱く方がいらっしゃいます。しかし、心身ともにストレスのある状態のままだと、充分に治療の効果を期待することはできないのです。医師から休職することが大切だと診断を受けた場合は、詳しく説明を聞いて、本人に家族から「今は休むことがが大事」と伝えることで、本人の精神的負担が軽くなるので、周りのサポートも重要です。

うつ病を進行させないために

うつ病は進んでしまうと、治療するのにかかる時間も根気も必要になります。できるだけ重症化させないためにも、うつ病の兆候を発見した場合には、早めに予防策を考えて対策をしていくことが必要です。初期症状におけるサインとしては、以前楽しんでいたことが楽しいと思えなくなったり、物事に対して意欲が減退したり、何かを判断したり決めたりするといった思考力が落ちたりします。気分が単に落ち込んでいるのか、うつ病のサインであるのかをきちんと見分けるためにも、気になる症状が続いたら医師に相談しましょう。

うつ病チェックのサイトがあります。このサイトでは日頃の心理状態をチェックする事で、うつ病の簡易判定を行います。