股間の見た目も悪くなる!包茎が与える悪影響

包皮の色合いにも悪い影響を与えます

包茎のまま手術も受けず放置していると、股間が臭くなるといった悪影響しか考えていない人も居られます。しかし股間に悪臭が発生するという事は、雑菌などが股間全体に移動する可能性もあるという事です。それによって股間の毛穴にまで雑菌が入り込んで、皮膚病を引き起こす事にもなってしまいかねません。その皮膚病の治療を終えたとしても、シミや色合いの変化などが残ってしまう事も珍しくないです。股間の綺麗な見た目を保っていたいのであれば、早い内に包茎治療を受ける様にしましょう。

粉瘤などの雑菌が溜まる場所が出来る可能性

股間周りに雑菌が繁殖しやすい包茎の男性は、その周囲の皮膚に粉瘤という雑菌や皮脂の塊が出来てしまう可能性まで持っています。陰茎の表面に発症した病気であれば、治療薬を塗布するだけでも治す事が出来るかもしれません。しかし粉瘤というのは皮膚に小さな袋が出来て、そこに雑菌や皮脂が溜まってしまう病気です。一度その袋が出来てしまうと、手術で袋を取り除かなければ完治しないという方も珍しくありません。その粉瘤から出た雑菌がパートナーの女性に悪影響を与えない内に、包茎を治しておく事がオススメですよ。

睾丸に痛みが発生する原因は包茎にあるかもしれない

定期的に睾丸が痛くなってしまう男性は、自分の包茎が原因で睾丸に痛みが起きているかもしれないと考えてください。包茎の男性は陰茎にまとわり付いた雑菌が尿道に入り込んできて、そこから精巣にまで悪影響を及ぼす事もあるのです。それによって睾丸に痛みが起きてくるだけでなく、腹痛まで感じて辛い思いをする事になりかねません。僅かな痛みが睾丸に起きているだけという男性も、更なる悪影響が及ぶ事に注意をして、包茎治療を受けるべきか考えてください。

男性の性器が勃起した際は包皮が自然に後退しますが、包茎の性器は包皮がそのまま性器を覆っています。人為的に包皮を後退できない場合は不潔になりやすく、排尿や射精に悪影響が及ぶこともあるので手術が必要です。